サーチ

具体的な道路舗装:利点は何ですか?

具体的な道路舗装:利点は何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

最初 コンクリート道路舗装 それは1891年にアメリカのオハイオでさかのぼり、それを作った人、あるジョージ・バルトロメフの像の前を通り過ぎることによって今日でも旅行できる道を進んでいます。結合要素がセメントでできている集合体であるコンクリートは、瀝青アスファルトよりもはるかに高い耐久性を持っているため、あなたが見るのはまだ元の表面です。

のテクニック コンクリート道路舗装アスファルト道路の持続可能な代替手段として最近多くのことが話題になっているが、ベルギー、オランダ、フランス、ドイツ、オーストリア、英国、米国、カナダに広がっているが、イタリアには広がっていない。そして、それは残念です(これは改善することができます)。なぜなら、長所と短所で、セメントベースのウェアマットがアスファルトを打ち負かすからです。

道路の問題は維持費です。ベルガモ州の領土(私たちがニュースを持っている例)では、1600万ユーロが穴や亀裂を埋めるために費やされています。毎年同じ数字ではありませんが、これは桁違いです。それは考えられます 通り 具体的に メンテナンスコストを大幅に削減できます。

しかし、道と道があります。そこ コンクリート舗装 高速道路、高速道路、環状道路、そして一般的に高速ネットワークではカウンターコンディションはありませんが、都市部の道路では、地下サービスに介入するためにマントルを破壊しなければならない場合に問題になる可能性があります。コンクリートはアスファルトよりも割れにくく、これにより全体的なコストが削減されるのではなく上昇します。

のもう一つの重要なポイント コンクリート道路舗装 アスファルトよりも製造が複雑ですが、使用されている国では実証済みの技術が開発されています。コンクリートは耐久性が高いですが、その組成に依存します(お金を節約するために少量のセメントを使用する場合、それは災害です)。良いコンクリート道路は、たとえそれが報われたとしても、ビチューメンの場合よりも大きな初期プラント投資を必要とする可能性があります(約+ 26%が計算されます)。

しかし、もっと多くの利点があります。 A コンクリート道路舗装 アスファルトよりも耐用年数が長く、構造的なメンテナンスが必要になるまでに20〜30年かかる場合があります。それらが最もよく使用される国、たとえばカナダでは、期間は50年に達します。コストのブレークイーブンポイントが約10年であることを考えると、経済的な利便性はすべてそこにあります。

そこ コンクリート道路舗装 タイヤの転がり抵抗が少ないため、車両の燃料消費量を削減します。これは、同じくカナダで、国立研究評議会が研究機関と協力して実施した試験の結果によって実証されています。

のもう1つの環境上の利点 コンクリート道路舗装 アスファルトと比較して、コンクリート混合段階での影響が少ないだけでなく、建設、保守、リサイクルのすべての段階で、セメント質材料の汚染は瀝青質材料の汚染よりはるかに少ないです。

全体的に、 コンクリート道路舗装 それには多くの利点(経済的および環境的)があり、いくつかの欠点があります。これは、イタリアでも行われ始めているいくつかのタイプの道路について考慮されるべき解決策と考えられます。



ビデオ: 舗装診断士資格試験受験対策講義受験ガイダンス学び方 (かもしれません 2022).