検索

量子太陽光発電、研究

量子太陽光発電、研究


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

量子太陽光発電:ル量子ドット太陽電池の分野で新興の研究部門を代表する太陽光発電。この技術は、iを採用することを目的としています量子ドットシリコンやCIGS(薄膜太陽光発電の特徴)など、現在使用されている原材料に代わる太陽光発電材料として、テルル化カドミウム.

量子太陽光発電、基本原則
量子太陽光発電では、光放射のエネルギーへの変換は、コロイド溶液中の量子ドットとして知られるナノメートル(10億分の1メートル)のオーダーの半導体によって行われます。

に関する研究量子太陽光発電いわゆる「バンドギャップ」に焦点を当てています:この技術はiを使用します量子ドット量子ドットのサイズを変更する幅広いエネルギーレベルで調整可能。に太陽光発電従来の、バンドギャップ中に使用された材料がすでに接頭辞として付けられています量子太陽光発電スピーチが変わります。バンドギャップは量子ドット新しいものの作成に魅力的太陽電池多接合、つまり、太陽の光放射のスペクトルからより多くの電気を抽出できるように、広い「エネルギーレベルの範囲」を利用します。

の最初のモデル量子太陽光発電それらは非常に高価なエピタキシープロセスで製造されており、現在、いわゆる「湿式化学」を利用するより安価な製造モデルが開発されています。これらの実験方法は、コロイド量子ドットの湿式化学を使用して量子ドットを合成し、溶液の形で量子ドットを生成する可能性を持たせることを目的としています。

話し合う コロイド状太陽電池(CQD、コロイド量子ドット)、の記録を保持している人太陽光発電の効率量子ドット。

の大きな可能性にもかかわらず量子太陽光発電、現在、最も進んだものを考慮しながらコロイド状太陽電池、効率はわずか5.1%であり、ケイ素商業原油は約17%です。理論的には、量子太陽光発電60%に達するか、60%を超える可能性があるため、新しい試行が必要です。

克服すべき問題はさまざまですが、その中でも量子ドットで発生する過度の熱について言及します。の運用における重要な要素の1つ 量子太陽光発電これは、周囲の材料からの量子ドットの自然な分離であり、この機能により、セルのインターフェイス自体から反射される大量の光子を拒否するため、両刃の剣です。



ビデオ: 太陽光発電の基礎と新展開ナノメートルの粒でパワーアップ山口浩一教授 電気通信大学模擬講義 (かもしれません 2022).