検索

太陽光発電の屋根を設置し、すべての情報

太陽光発電の屋根を設置し、すべての情報


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

太陽光発電屋根の設置方法:価格、利用可能な技術、および要求する許可。のためのヒント屋根への太陽光発電パネルの設置.

の場合ルーフ私たちの家の方向性が良く、影のない空間で、それを利用することができます太陽光発電システムを設置する.

太陽光発電の屋根の向き

太陽光発電の屋根を設置する南向き(理想的な向き)または南東または南西向きで、30〜35°の傾斜でソーラーパネルを設置できる場合に実現可能です。

太陽光発電の屋根、どのくらいの表面が必要ですか?

一般に、1 kWpの太陽光発電システムに必要な設置面積は、傾斜した屋根の場合は約8平方メートル、陸屋根への設置を目的とする場合は25平方メートルと言えます。

すべての評価を行うときは、あなたの潜在的なパフォーマンスを評価してください太陽光発電屋根アトラスと地理的位置の年間晴れ日の見積もりを支援します。

いくつかあります太陽光発電システムの種類。これらは、屋根のタイプと技術(統合された太陽光発電、太陽光発電タイル、太陽光発電屋根、サポートパネルなど)によって異なります。

傾斜屋根、蝶屋根、または陸屋根の太陽光発電システム

傾斜屋根の場合、太陽光発電屋根それは最大の日光への露出でファサードにインストールされます。陸屋根の場合、モジュールによって捕捉される放射を最大化するように、太陽電池パネルをいくつかの列に幾何学的に分散させ、太陽に向かって適切に持ち上げて配置するのが一般的な方法です。それに関してはより複雑なスピーチ蝶の太陽光発電の屋根.

すべての場合において、生成されるクリーンエネルギーは、植物が太陽への好ましい曝露を享受するほど大きくなります。

太陽放射の取り込みを最大化するために、ソーラートラッカーを備えた太陽光発電モジュールがますます設計および製造されています。つまり、日中および季節中の太陽光線の傾斜に応じて太陽光発電パネルの傾斜を適応させることができます。ソーラートラッカーは、陸屋根の場合にのみ設置できます。傾斜屋根または蝶屋根の場合、または統合された太陽光発電.

もう1つの定数は、を構成するコンポーネントの配置にあります。太陽光発電屋根:ソーラーフィールドのみ(本物のもの) フォーム 太陽光発電)は屋根の外側にありますが、レギュレーター、インバーター、アキュムレーターは通常、家庭用メーターに接続された特別に準備された技術室に設置されます。

統合されたソーラールーフ

特定の建築および/または景観の制約の場合、それは統合されたソーラールーフ、または繰り返しになりますが、許可が拒否された場合は、地方行政裁判所に設置を進めるよう上訴することができます。タイルまたは赤い太陽光発電を備えたソーラールーフ。

ザ・統合された太陽光発電これは、最も革新的なタイプのソーラーシステムの1つです。統合された太陽光発電は、太陽にさらされたファサードで、多かれ少なかれ明白な太陽光発電モジュールを統合する建築材料を利用します。これに関連して、太陽光発電コーティング、歩行可能なソーラータイル、または太陽光発電タイル自体、太陽光発電技術を屋根の覆いに直接組み込むことができる最新世代の建築材料などの製品について言及します。

保護区域に太陽光発電屋根を設置する

の場合のすべての情報 太陽光発電屋根の設置 歴史的および芸術的関心のある建物については、記事に含まれています」太陽光発電の景観クリアランス "

太陽光発電の屋根、価格

記事では「太陽光発電の屋根の費用はいくらですか?」私たちはのケースを見ました "優秀" とともに太陽光発電屋根高効率のパネル、サポート、技術機器の購入と設置費用を賄うために約10,000ユーロの初期投資で、年間5,000kWhのクリーンエネルギーを生産することができます。

の初期費用を見積もる太陽光発電屋根これは非常に難しい操作です。モジュールの品質、効率、屋根の傾き、必要なサポートの種類、および設置に必要な複雑さに一部依存します。太陽光発電屋根の設置は、最大65%の税控除でいわゆる「エコボーナス」にアクセスできる介入です。

優れた戦略は、複数の設置業者に相談して、詳細な見積もりを含む無料の検査を依頼することです。設置費用に加えて、インバーターのタイプ、アキュムレータの存在、およびソーラーパネルのタイプを評価する必要があります。

マンションの屋上にある太陽光発電システム

ためにマンションの屋上に太陽光発電システムを設置する屋根が一般的な部分であっても、議会の過半数の投票は必要ありません。法律は、実際には、マンションへのソーラーシステムの設置作業を進める前に、マンションの管理者に通知する必要がある単一のマンションによって(書面および詳細)。

現在の法律によると、個々のマンションは、私用の電力の生産を割り当てることにより、共通の屋根に太陽光発電モジュールを設置することができます。唯一の制約は、占有される領域にあります。マンションの屋根にソーラーシステムを設置してはいけません。「他のマンションも一般的なものを利用しないように」したがって、他のマンションが希望する場合は、独自の太陽光発電システムを設置できるように、スペースを残しておく必要があります。



コメント:

  1. Garlan

    同意します、それは驚くべき文です

  2. Mikacage

    このテーマについて長い間話すことは可能です。

  3. Dall

    あなたは、絶対に正しい。これには何かがあり、これは非常に良い考えだと思います。私はあなたに完全に同意します。

  4. Arashidal

    I am finite, I apologize, but it does not come close to me.バリアントはまだ存在できますか?

  5. Tyronne

    私はあなたの意見を完全に共有します。その中で何かが私も思う、それは良い考えだと思います。

  6. Shipton

    私はそれが何であるかを考えます-あなたのエラー。

  7. Jasper

    はい、確かに。上記のすべてに同意します。



メッセージを書く